Toggle

街コンや出会いをテーマにしたブログです!

各エリアの街コン一覧はこちら

【婚活ニュース】『税金で婚活パーティー!』は反対多数・・同棲補助金とかは?

【婚活ニュース】『税金で婚活パーティー!』は反対多数・・同棲補助金とかは?

婚活は自分で!といった方が多いみたいですね

大阪中心に婚活イベントを開催しております『出会いのカフェパ!』です。
11月12日に
『各府省の予算に無駄遣いがないかを有識者の方々が点検する「行政事業レビュー」の公開検証』
があったようで(以前、蓮舫さんの二位じゃダメなんですか?というのが話題になりましたね。)その中で若者の結婚支援を行う「婚活サポーター」育成事業などについて、
『税金でやるべきことではない!』
といった意見が出ているようです。

そもそも『婚活サポーター』という結婚支援があったのは知らなかったのですが、これってどれぐらいの方に認知度があるんですかね?

ということで実際に『婚活サポーター』検索してみました。

…『高知県地域福祉部 少子対策課』というところが婚活サポーターという『出会いの応援サイト』というのをやってましたね。これですかね・・
他には長野で『しあわせ信州婚活サポーター』というのも募集されているサイトが出てきました。
・・とあとは鳥取でも。

「婚活サポーター」とは、それぞれの地域において、結婚を望む独身者を
ボランティアで応援するお世話焼きさんです。
県が主催する養成講座を受講し、サポーターの活動について同意を頂いた方々を
「婚活サポーター」として登録しています。

といった感じの説明が高知の婚活サイトには掲載されていました。

・・・こんなのがあったんですね。
ということで今回はこういった感じの婚活パーティー的な事業に税金を使うのは反対だ!といった声が多いようでしたので、理由なども調べてみました。

婚活を税金でやることを反対されている方の意見

まずはどんな理由で税金を使っての婚活支援は反対なのか。
そのご意見を調べました。

  • そもそも少子化の問題は出会いがないという問題ではない
  • 婚活なんて自腹でやるべき・やってほしい
  • その予算を待機児童問題などの子育て支援に使うべき
  • 婚活している一部の人にだけ恩恵があるのは不公平
  • 不妊治療や出産費用にまわすべき
  • 若い方が結婚できる・したくなるように景気対策に使うべき
  • 税金で支援しないといけないような人はどのみち結婚できない・・

などなどの理由が多いようです。
確かに少子化や晩婚化の理由は単純に出会いがないだけではなくて結婚することに魅力を感じなかったり、収入的にしたくてもできない、または結婚はしても収入面で子供を育てていくのが不安・・といったことはよく言われますよね。

それを考えたら税金で『出会いの機会』だけ増やしてもあまり意味がないのかなと思いますね。

あとは現在子育てしている方への支援の方が大事といった声も多いようです。
こちらはこちらで色々と税金での支援はあると思いますが、婚活にまわすぐらいならこっちへ!といったところでしょうかね。

出会いの場を増やしてもなかなか・・

個人的にはすでに税金を使って進めている婚活支援の事業がほとんど認知もされていない感じを考えるとこういった反対されている方の意見も確かになぁといった感じがします。
そして、
『税金で出会いを支援しないといけないような人はどのみち結婚できない・・』
といった意見はちょっと言い方はきつい感じがしますが、まぁ・・
実際に出会いの場自体は今の時点でも結婚相談所もあれば婚活パーティーやお見合いパーティーも、また街コンも毎週のようにあるわけなので税金でもし今以上に出会いの場が増えたとしてもそれで結婚する人が増えるとは思えないんですよね。
単純に既にたくさんある出会いの場の選択肢が一つ増えるだけなので。

出会いのカフェパ!で毎週いろんな方と話していると出会い自体はそういった婚活イベントや出会いパーティーにいけばあったとしても

  • 『気が合う方と出会えない・・』
  • 『恋愛に臆病になっている・・』
  • 『いいと思う方にはモテない・・』
  • 『仕事も忙しくて恋愛まではなかなか上手くいかない・・』
  • 『結婚まで考えている男性が少ない・・』
  • 『理想の相手に出会えない・・』

的な意見が多いような気がします。

中には結婚相談所へご登録されている方もご参加されたりしますが、理由は出会いはあってもあまりピンとこないから・・
といった方も多いです。

・・まぁ、出会いはほんとにタイミングですよね。
出会いの場自体は多いのであとはタイミングとか理想の相手に選ばれるように自分の魅力をあげるとか、外見だけで判断せずにもう少し相手を知ってみるといった感じのことの方が出会いの場を増やすよりは必要なのかなと思います。

かといって税金で

  • 出会いの印象を良くするための話し方などの講座補助金
  • 婚活イベントに参加するための服装補助金
  • 婚活イベントに参加するためのエステ代
  • 婚活イベント後のデート補助金

みたいなのに補助金を出すとなったらより反対されそうですけどね。。
でも個人的には、婚活イベントとかの第一印象が平均的にみなさま上がってデートする回数が増えたりしたら自然と恋人を作られる方も多いとは思うんですけどね….

結婚する確率を上げるなら同棲補助金とかはいいような・・

ということで出会いに関しては既に世の中には『出会おう!』と思えばちょっと行動すれば出会いの場はたくさんあるので税金でそれを増やしてもあまり結婚する人を増やす意味はないのかなと思います。

ですのでしいてあげれば今既に付き合っている方とかの結婚までの道のりを推し進める方が良いような気がします。

例えば
『同棲する方は補助金がもらえて今よりも安く簡単に同棲開始できる!』
とか
『不妊治療の費用はゼロにする!』
とかあとはよく言われるような待機児童対策とか産休や育休を取りやすくするなどの子育てがしやすい感じとかが今よりももっと良くなれば結婚する方や子供を作ろう!とお考えになる方も少しは増えるのかなと思います。
(収入を増やす!というのはできればこしたことはないと思いますがすぐにできることではなさそうですからね・・)

実際、同棲に関してはアットホームさんがとられたアンケートで同棲したカッップルの5割の方はご結婚されているそうです。
『そりゃ、同棲するぐらいのカップルに聞けばそうだろ!』
と言われてしまうかもしれないのですが、今収入が少なくて結婚が・・といった方も多いのであれば、収入を増やすのは難しくても同棲するカップルの補助金ぐらいなら絶対数も少ないのでできるんじゃないのかなと思うのですがどうでしょうかね・・

例えば、同棲するなら引っ越し代も初期費用もタダ!みたいな制度があったら
『じゃ同棲しちゃうか!』
みたいなカップルの方って結構多いとおもんですよね。
でいざしたらダメになる方もいるとは思いますが、可能性的には結婚する方向へ近づくと思いますし。
同棲するならタダ!みたいな告知を可愛いポップなCMとかで大々的にしたら女性も男性に言いやすいですし、男性も背中を押されやすいような気が..笑

あとは不妊治療を最近、友人の奥さんがされている話を聞いていて結構お金もかかるようなのでそれこそ完全タダにしても誰も文句はないのではないのかなと思いました。

同棲タダは同棲しない方からすると
『不公平だ!』
となりそうなんですが、最近は空き家問題とかも良く言われているので実家暮らしの方同士がこれで家を借りることになればそれも少し解消されて景気にも少しはうるおうのでは〜と思ったのですが、一人暮らし同士の方がこれで同棲始めちゃったらワンルームの空き家問題が出てしまいそうですね。。

でも、それぐらいもし同棲する方が増えればさすがに多くの方がそのまま結婚されるような気がします(^^)
実際、いい悪いは別にしても情も出ますので同棲して別れるってちょっと難しいと思うんですよね。LINEで『別れたい!』『オッケー!』とはいかないでしょうし笑

ですので不公平問題は
『少子化を増やす為!』
という国民共通の問題解決であればいけるのでは〜とか思いました。

結婚までの距離を今よりもっと縮める的な

ということで婚活イベントなどを運営している立場からだと『出会いの場』より

  • 出会いの場での成功率をあげる!
  • 付き合ったら結婚するまでの動線を良くする!

みたいなことに税金を使った方が良いのではと思いました。
ではでは。

出会いのカフェパ!では婚活イベントを大阪では毎週、京都・神戸・広島・福岡・静岡・横浜では毎月開催しておりますのでお時間合いましたらぜひお気軽にご参加ください。

婚活イベント開催のスケジュールは下記よりご覧ください。
宜しくお願いします!

大阪・京都・神戸・広島など婚活イベント情報はこちら♩

大阪・京都・神戸・奈良街コンの開催情報はこちら!

Return Top