Toggle

街コンや出会いをテーマにしたブログです!

各エリアの街コン一覧はこちら

婚活バーが閉店していく理由を考えてみた【婚活の場としてメリットが少ない・・】

婚活バーが閉店していく理由を考えてみた【婚活の場としてメリットが少ない・・】

梅田・神戸と婚活バーが閉店されているのを知って・・

婚活イベント運営の『出会いのカフェパ!』です^^
今回は
『婚活バーが閉店していく理由を考えてみた』
といったお話です。

婚活バーは『出会いのカフェパ!』もお世話になっておりまして、
現在は既に閉店してしまったのですが、梅田の婚活バーでは何度か梅田街コンを開催させて頂き現在も神戸の婚活バーでは毎月、街コン会場としてお借りしております。
あとは名古屋でも婚活バーで何度か街コンを開催させて頂きました^^
…そんな感じですごくお世話になっているのですが、最近この婚活バーという形態で営業されているお店がどんどん閉店してしまっているようです。。
実際に上記の梅田の婚活バーと名古屋の婚活バーは既に閉店してしまいましたしね。

ということでなぜ閉店しまっていっているのか?
ということを少し考えてみました。

そもそものシステムが辛い説

婚活バーのシステムは基本的には女性が安い料金で時間無制限に入れる、またお店によっては飲み放題だったりします。
そして、その分男性の料金は高く街コンと同じように男性一人2時間ぐらい楽しむと1万円以上かかってしまうことが多いです。

こういった料金システムで毎日営業されるわけですので女性はまだ来る方もいるかもしれませんが、
男性の集客が辛いのでは・・と思います。

また、最近では相席屋・相席居酒屋といった同様のシステムのお店もありますのでそういったお店に女性が流れてしまうとさらに営業的にはきついんだろうなと思います。
来店して頂いても利益にはならない女性すら来なくなってしまうと男性が来てもまぁ帰りますよね・・

ということで婚活バーが閉店してしまっている理由はまずはこれが最大の理由なのではないかなと思います。

男女の目的が違い満足度が低い説

これは先日テレビで『渋谷の相席屋が今かなりつぶれてしまっている』というニュースの中で言われていたのですが、
『男性と女性の目的が違う』という点が問題とテレビでは言われておりました。
これは男性目線からすると確かに〜という感じなのですが、結局男性は5千円だろうが2万円であろうがちゃんと彼女なり結婚相手なりに繋がるような『出会い』があれば参加されると思います。

ただ、テレビでは相席屋さんの話でしたが婚活バーもまぁほぼ同じようなシステムなので同様だと思いますが女性的には
『タダだから暇つぶし的にきました』
『店員さんにタダで飲める飲み屋だからとキャッチされたからきました』
『彼氏はいるけどそういう目的ではないからいいかなと』
といった感じで来られる方がかなり多いということです。

実際、以前に相席居酒屋さんへ行った時には2対2になったのですが2人共彼氏がいましたしね・・

これは別に女性が悪いという話ではなく結局そういった女性にも来店してもらわなければ『成り立たない』というところがまぁ問題なのかなと思います。 昔から良くお見合いパーティーなどは女性はかなり安い参加費ですのでサクラ的な方が多くて男性から敬遠されていった感じに似ているかなと。

男性もお金持ちな方ばかりでは当然ないので彼氏持ちの子と話すために1万円もまぁ払わないですよね..。

ということで女性が無料なりお安い金額だとしても最低限『彼氏を作りたい!私!』といった女性のみしか来店できないようにしないと男性は行かなくなるかなと思います。男性もそんな愚かではないですから。

出会いの数が少なすぎる説

これはもうそういうシステムなのであれなのですが、
婚活バーは基本的には街コンなどのように席替えなどはしない感じで1対1でゆっくり話す感じです。
席替えがあっても30分とかの単位だったりしますので『一度にたくさんの出会い』というのは難しい出会いの場です。

これは一長一短でまさにドンピシャな方と出会いがあればもうハッピーハッピーですがww
出会いの場はそんな甘くはない場合が多いです。
となればゆっくり話すのも辛い・・といったお相手でも長く話さなければいけなくなってしまうのでそれはそれで少し辛い方もいるのかなと・・
もちろん、出会いは一瞬で相手の良さがわかるわけではありませんので一人一人とじっくり話せるのはメリットもあるのですが、人はある程度『比較』したい部分ってあると思うんですよね。
『いろいろなものを見てみて決めたい!』
というのは出会い以外にも特にネットが発達してからはそういう思考でものを選ばれる方は多いと思いますのである程度の人数の方と話したりした上で考えたいという方には婚活バーのシステムは少し合わないかなと思います。

男性の恋愛したい婚活したい数の低下説

これは最近の若者が離れているもの一覧らしいです↓
若者が離れているもの一覧
この中では
・クルマ離れ
・タバコ離れ
・テレビ離れ
なんかは良く報道されていますが、
性関連の
・風俗離れ
・恋愛離れ
・女性離れ
・性交離れ
も若者が離れているものとのこと。

草食系の男性が多いとかもこれに似た感じの表現ですよね。

実際、最近は
『恋愛が面倒』
『彼女を作るぐらいなら趣味にお金を使いたい』
といった男性も増えているようです。

結婚しない男性が増えているのもこんな理由なのかもしれないですよね。

なので婚活パーティーやお見合いパーティー・結婚相談所などは男性が不足していて男性を集めるための広告費の方が女性向けよりも多い会社もあるようです。

確かに『出会いのカフェパ!』でも地域によっては男性のお申し込みよりも女性の方が早めに締切にさせて頂くこともありますからね。

ということであまりにも女性優位な出会いの場はなかなか男性が集まらない、もしくは『良い男性』が集まりにくい感じになってしまうような気がします。

…といった感じが婚活バーが閉店していってしまっている理由なのかなと思いました。
『出会いのカフェパ!』の街コンもなくならないように頑張らねばいけませんね^^
男性・女性どちらかに極端にメリットがあって片方はデメリットがあるようなバランスにはならないように出会いの街コンを開催していきたいですね^^

『出会いのカフェパ!』の街コン開催情報はこちら

大阪・京都・神戸・奈良街コンの開催情報はこちら!

Return Top